読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神奈川食べ歩き

イベント

周平さんには以前、千葉県を案内してもらったことがありました。今度は神奈川県を紹介します。神奈川といったら横浜、鎌倉、箱根、三浦大根でしょうか。三浦大根とは、横須賀市の一部分だとみんなが思っていた県の右下の半島、三浦市の特産品です。三浦市の人口は5万人に満たず(2016年)、適当に早稲田大学と比べてみてもその学生数の方が多い状況です。

 

普通に横浜に行きます。

 

“kawara カフェ”というところでお昼ごはん。お店が奥まったとこにあるのとお互い方向音痴なのとでGoogleマップもお手上げという感じでしたが無事着いてよかったですね。席が空くのを待って並んでいる間はこの薄給をどうしよう、指名手配犯の懸賞金で食い凌ごうという話をしました。

f:id:asparadiseki:20170219032002j:image

周平さんのごはんは瓦に乗っかって来ました。いいなぁ。

 

方向音痴なのでまっすぐでいいのに曲がったり戻ったりしながら鎌倉へ。

 

小町通りをうろうろします。ジェラートとかアイス屋さんが多い。和っぽいものだけでなくてパンケーキとか色んなスイーツがたくさんあります。新しくできたずんだのお店があって大福と饅頭を食べました。すごい枝豆。ずんだシェイク新発売だそうです。うまそう。

 

f:id:asparadiseki:20170208213504j:image

 これは“鎌倉茶々”というお店の抹茶アイス。抹茶の濃さが選べる。これは1番濃いやつで言わずもがな濃くて美味しいです。ほうじ茶のアイスもあった。

 

ここで鶴岡八幡宮の上まで行ってまた下るというイベントを挟みます。

 

 f:id:asparadiseki:20170217134246j:image

ここもまた小町通りにある中華料理店ですが何ていうお店かは不明。本当はこの上の階にある海鮮丼のお店に行きたかったのですが念のため確認をした上でまさかの誤入店。方向音痴というだけでは語り尽くせない多くの困難があります。運というのは一方向に果てしなく、餃子だけ注文してシェアしてさっさと出ようと言って来た餃子のデカいこと。今まで見た餃子の中で1番デカい。そしてしらす入り餃子なのにしらすっぽさが微塵もない。しらすとはなんなのか、物質とは、存在するとは。

鎌倉ビールを注文してビールの味なんか分かんないのに字面から鎌倉感を味わうことで間違って入った店に精一杯の意味付けをします。人生はままならない。

 

f:id:asparadiseki:20170217134308j:image

これはさっきの中華屋の上にある海鮮丼屋さんです。本星。好きなネタを選んで乗せられます。写真は生しらす、いくら、サーモン。箸しかないのでしらすといくらは非常に食べづらい。すき家には赤い匙があります。

 

周平さんは本当にいい人だなぁというのが会うたびバシバシ分かって今日も最高に適当で楽しい徘徊でした。ありがとう!